太る原因とストレスについて|年齢や炭水化物との関連があるのか

MENU

太る原因とストレスとの関係

ストレスで痩せるとは聞いた事があるけど、それが原因で太ることなんてあるのかなと、不思議に思う人もいることでしょう。にわかには信じられないでしょうが、それが実際にあるんです。

 

色々な事が気になって食事が喉を通らなくなる事もあれば、反対に食べてしまう人がいる事も事実です。例えば、それほどおなかは空いていないけど何かつまむ程度に食べたとしますよね。それがきっかけで、もっと食べたくなってしまう。

 

その人の性格にもよりますが、ストレスが原因で太る人は、おなかがいっぱいなのにそれでも食べる事が止められずに食べ続けてしまうんです。食べる事でストレスを発散しているタイプは、一目には食欲旺盛で元気なように見えるので、とても悩みを抱えているようには見えません。

 

しかし自分でも食べ続けるのが辛いのに、止める事ができない程に精神的に参ってしまっているのです。良くない事とは思いながらも食べることを止められない為に、日に日に太っていってしまいます。

 

中にはこれ以上太ることができないと体が発するサインにより、体調を崩す人もいます。そういう人は身体的に大変な思いをする事により、ストレスが原因の過食を緩和することができます。

 

身体の不調が記憶に残る事により、過食を防ぐ事にもなるのです。

 

 

 

太る原因は炭水化物にあり?

太る原因は炭水化物を始めとしたカロリー過多にあるのですが、適切な量を食べていれば問題ないものの、運動する習慣がほとんど無くて毎回の食事でおかわりや大盛を食べてしまっている場合は、太る以外にも糖尿病を始めとした生活習慣病になる可能性も否定できません。

 

若い頃は活動量が豊富でたくさん食べても太る原因になる可能性が低いのですが、30代を過ぎてくると基礎代謝が下がる事に加えて筋肉量も減ってくるので、太りやすくなる事から30代を過ぎてからのカロリー管理は毎食しっかり行う事が大切です。

 

最近のあらゆる食品には炭水化物の量が記載されていますので、一人暮らしでコンビニエンスストアやスーパーマーケットの惣菜や弁当類を購入する場合は、炭水化物(糖質)の量をチェックしてから購入する習慣を身に付けましょう。

 

太る原因は糖質の取り過ぎ以外にも慢性的な運動不足の可能性もありますので、食事管理と並行して週に5日程度は1日1時間歩くと生活習慣病予防につながります。

 

外食で炭水化物を食べる機会が多い場合は、食べる順番に気を付けるのがおすすめであり、炭水化物が多い丼物・麺料理だけを注文するのではなく、野菜が多く入っているメニューを必ず注文しましょう。

 

 

 

年齢は関係ある?

太る原因にも色々ありますが、年齢からくる肥満も確かにあります。歳を重ねると太りやすくなる、というよりも、痩せにくくなるという表現の方が正しいかもしれません。

 

歳をとってから、若い頃と同じ運動や食生活を心がけても痩せなくなった、という話はよく聞きます。本来、同じ量の食事を摂って同じ量の運動をすれば、同じように痩せるはずです。しかし、そうでなくなってきてしまうには理由があります。

 

それが基礎代謝の低下です。年齢を重ねる毎に代謝は落ちてきます。代謝が落ちると、エネルギーを燃やしにくい体になり、痩せにくく、太りやすい体質へと変化してしまいます。加齢とともに太る原因はここにあります。

 

つまり、中年太りに陥ることは実は自然なことで、よほど気をつけていないと若い頃と同じスタイルを維持することは難しいということになります。ただ裏を返せば、この事実を知っているかいないかで、結果は大きく違ってくる可能性があります。

 

年齢が太る原因になることを正しく理解し、それを予防するための行動をとることで中年太りを防いだり、程度を軽くすることは可能です。腹八分目の食事を心がけたり、日常的に体を動かす意識を持つことは、肥満防止と同時に健康的に生きる助けにもなります。

 

見た目も中身も美しくあるために、できる努力はした方が良いです。

 

 

 

太る原因に関して

太る原因に関して、年齢や炭水化物などとの関係性について解説していきました。

 

ダイエットしたい人もいるかと思いますが、中には太りたい願望を持っている人もいることでしょう。そういう方のためのサイトをここに掲載しておきます。